日刊湖南市
日刊湖南市LINE
日刊湖南市YouTube

湖南三山の長寿寺がクラウドファンディングに挑戦中!何やら眠っていたあるものを…

2021年5月13日 カテゴリー:湖南市の気になる。


現在クラウドファンディングで湖南市のあるお寺が挑戦中であることをご存知でしょうか?

そのチャレンジは長らく眠っていたある物を修復して、文化財指定を目指そう!というもの。
そのあるものとは・・・・

地蔵曼荼羅の修復を目指し!達成まであと少しです!


そのあるものとは国宝長寿寺が所有する地蔵曼荼羅となります。

室町時代に作られたとされ、六臂(六本の腕)のお地蔵様を中心に、周囲に約1万2千体の小さいなお地蔵様が描かれたかなり異色なもの。

なんと日本で唯一の曼荼羅なんですって。


ですが500年以上の時を経て傷みも激しく、この貴重な曼荼羅を後世に伝え残すために修復の支援を募られています。

剥離がひどくすでに修復にかかっておられるようですが、修復作業の現場を見たある人は歴史的体験に鳥肌もんだったとか。

長寿寺といえば湖南三山の一つで紅葉を見に行かれたことも多いのではないでしょうか。
クラウドファンディングで支援すると下記の返礼品も受け取ることができるので、まずはプロジェクトページみてみましょう。

〇 地蔵曼荼羅のポストカード

〇 東寺献上ごぼう茶、ごぼうクッキー

〇 地蔵曼荼羅の御朱印帳

〇 本堂内陣の住職案内

〇 地蔵曼荼羅修復の法要特別参加券

〇 非公開の宝物虫干しの特別公開限定ご招待



そして文化財指定の可能性が高い有意義なクラウドファンディングに皆さんも応援しましょう!



ではでは。

中野 龍馬
  • この記事を書いた人

  • 中野 龍馬

  • 湖南市出身。三雲小→甲西中→国際情報高校卒業。今プラス管理人兼日刊!湖南市の編集長。WEB大好き。会社経営よりもWEBで色々おもしろいものを作る方に生きがいを感じている1987年生まれのギリ昭和世代。

  • https://shigatosekai.com/
  • https://twitter.com/imaplusnakano