日刊湖南市
日刊湖南市LINE
日刊湖南市YouTube

【誰でも参加可能!】「こなん政策アカデミー最終発表」が12月7日行われます!

2019年12月6日 カテゴリー:湖南市の気になる。

若者が湖南市に対して政策提案を行う「こなん政策アカデミー」。

色々なグループが考え・提案する政策アカデミーでは最終発表が誰でも観に行ける形で行われます。

そんなこなん政策アカデミー最終発表が12月7日行われますよー!

12月7日、甲西文化ホールにて午後1時から開始!



昨年も行われたこちらの企画。

今回は前回に提案され今年度に実現した市内の中学生による「アイデアキャンプ」の発表、甲西高校、同志社大学、立教大学、地域おこし協力隊(NCL湖南)の計7組による発表が行われます。

今回の提案内容は「若者が湖南市に対してどうすれば愛着を持てるのか」「若年層の移住定住」「大学生との協働」「地域プロモーション」「女性就業・シニア世代の活躍」「公民連携から公民越境」の発表を予定!

また、当日の各チームの紹介はJK課(石部高校)のメンバーが行うんですって。

湖南市を色々な立場から考えたアイデアを聞ける貴重な機会。
誰でも参加!聞いてみたい人ぜひおいでください!とのことなので、いってみましょー。

日時:令和元年12月7日(土)
午後1時から午後5時(受付は午後0時30分から)

場所:甲西文化ホール
内容:各チーム発表・全体講評
URL:こなん政策アカデミー最終発表

ではでは。

中野 龍馬
  • この記事を書いた人

  • 中野 龍馬

  • 湖南市出身。三雲小→甲西中→国際情報高校卒業。今プラス管理人兼日刊!湖南市の編集長。WEB大好き。会社経営よりもWEBで色々おもしろいものを作る方に生きがいを感じている1987年生まれのギリ昭和世代。

  • https://shigatosekai.com/
  • https://twitter.com/imaplusnakano