.

湖南市ニュース 今プラス JAPANESE KODAWARI

2018-6-8

甲西中2年生に「雇用されない生き方」で授業してみた@今プラス


今週、いろいろと念願かなって甲西中学校の2年生に対して「雇用されない生き方」という内容で授業を行いました。

この授業、来る6月末の職業体験の前にこれから大人になっていく中で「雇用される生き方」も知りつついろいろな選択肢があることを知って欲しい!ということで学校の先生からオファー頂き実現しました。(ありがとうございます!)

何やら子供より大人の方が関心が高いようにSNS上で思えた今回の授業。どんな授業となったのか写真と共にお送りしましょう。


「雇用されない生き方」とはどんな授業?



こちらは、授業が正式決定して子どもたちに配られたチラシ。視覚的にわかりやすい方が当日ポカーンとなる率が低くてよろしいかと作ってみました。

このオファー自体は、元々は甲西中で編集長のみが2時間ほどかけて授業をする予定だったのですが、「それよりもこうした方が子どもたちにとって刺激になりそうで良さそう!」という提案を先生方が受けて頂いて実現しました。

・場所は甲西中よりも今プラスで、実際に雇用されない生き方をしている人を見ながら授業を受けてみる
・編集長だけではなく色々なフリーランスの人にも話してもらう。
・しかも各クラスで話す人が違っていて、子供たちの会話のネタにしてもらう。

そして当日の先生はこんな感じ!

2年2組 湖南市のアッパーシークレットのオーナーである滝下茜さん。
2年3組 守山市で農業とコワーキングで起業している株式会社いとの山崎いずみさん
2年4組 甲賀市のライター 松岡人代さん。
2年1組 甲賀市のWEBデザイナー 宮クリエイションの藤田篤さん。

参考リンク:
アッパーシークレット
コワーキングスペース ROOT
hitoyo
宮クリエイション

それぞれの方に各クラスのおおよそ30人と先生方にお話してもらいました。
また話すだけだと一方的でわからないよね!ということで、編集長が20分、もう1人の人が20分。そして5分を質問タ―――イム!という形に。



「自分で独立するってどんな働き方?」を授業してみた。


そして6月7日に行った「自分で独立するってどんな働き方?」の授業。

今プラスのコミュニティスペースに続々と中学生がやってきて、30人超がガツッと入りました。(思っている以上に30人座ってもスペースありでした。)


トップバッターは編集長とカフェオーナーである滝下茜さん。


編集長は独立して働くってなに?そもそも働くってなに?とかを話しつつ「こんな僕でもできたし、やりたいこと思いつくまで考え続けたら大丈夫!」などをお話しました。


滝下さんはこれまでの経験を踏まえて、子どもたちにわかりやすくカフェをオープンする経緯や今後しておいた方がいいことなどを授業。この30人の誰かが将来カフェオーナーになりたい!となたときは参考になるだろうなー。


そして続いては2年3組。そうなんです。今プラスの場所に学年全員が入り切らないため、1時間毎でクラスが入れ替わりとなっています。

ここでは編集長が2組とはまた違った内容で話してみました。「夢やしたいこと今なくても大丈夫!」でも「これだけは覚えておいて!」っていうのをテーマに話しております。




そして守山市でコワーキングスペースと農業を営んでいる株式会社いとの山崎さんは事業内容であるコワーキングスペース、更にエディブルフラワーの事業をトーク。中でもエディブルフラワーを実際に食べてみよう!という時は子どもたちが大興奮でした。こういう形式の授業って色々な形があって子どもたちの反応も変わるから参考になる!


2年4組で編集長は反応が良かった3組の内容をメインにトーク。


4組の授業はライターの松岡人代さんが「ライターってどんなお仕事?」というところから、具体的な仕事の受注の流れまでを!これ、これからライターになりたい!って大人は絶対聞きたい話やー。


最後の1組はお昼休みを一旦挟んでだった為、今プラスの会員さんも聞いたりして大人も子供も聞く授業に。



そしてこの日最後の授業である締めは宮クリエイションの藤田篤さんにしていただきました。ラッパー時代の動画やミュージックを背景に授業するというなんとも斬新な形式に。

そんなこんなで終えた今回の授業。
どこまで伝わるかというより全然ポカーンっとなるんじゃないかなとまで思いましたが、いやはや子どもたちの反応を見たところ伝わってる子どもたちの方が多い印象です。


独立してもやっていける!ということを地方のあの人達が言ってたな。というのを10年後や20年後に思い出してもらたら。




ということで、思った以上に「これまでこんな話する大人いなかった。」ということでポカーンとすることもなく、逆に質問も多かったり子どもたちに「こんな生き方あるんだ!」と思ってもらえたかなと思います。

ちなみに編集長は中学2年生に話をしたときに、どの部分が一番刺さるか観察したところ「3年間最下位ぐらい頭悪くても勉強とは違うところで頑張れば大丈夫!」というところ、そして「仕事=遊び」という概念が印象的だったようです。

授業自体は先生からオファーを頂き実現したのですが、「子どもたちに人生色々な選択肢があるよということを伝えて下さい。」と言われた時は、今のこの学年の生徒さんは良い先生持ったなーと。

それぐらい管理人や4人が話した内容は今までの両親や大人が伝えていたこととほぼ真逆で実践的なところだったので、これは色々な可能性を感じてこれからの進路相談が大変やなと思っております(笑)
(先生方も好意的というよりむしろ先生方の方が興味関心あり!だったので良しとしよう。)
 
中学2年生という立場で考えた時に、どこまで伝わっているかはそれぞれだと思うのですが、これから10年後や20年後たった時に彼ら彼女達が人生で迷ってしまったら「あ、昔あんな生き方をしていた人が地方にもいたな。」と思い出してもらえたら今回の授業をした意味があったなと。
 
ひとまずは今月末から今プラスでも職場体験を受け入れることになったので、そこで来る子どもたちには、よりやりたいことが実現できるやり方とやらを伝えつつ、実践してもらおうと思います。まる。
(いやー、楽しかった!またやりたい!)