.

湖南市ニュース 今プラス JAPANESE KODAWARI

2015-9-23

祝!山中慎介9度防衛!歴代の防衛数10以上をランキングで振り返ってみる。


きました!!
きましたよ!!防衛数9回成功。

苦しみながらの勝利となりましたが、最後まで諦めない姿勢を見せて勝ち取った昨日のモレノ戦。カウンターを喰らいながらも、次のラウンドでやり返してパンチを当て続けた山中慎介が9度の防衛を果たしました。

遂に本日!山中慎介 vs モレノ戦。試合前に知っておきたい情報6選!の記事にも書きましたが、これで日本人の防衛数としては3番目。かなり気が早いですが、次の対戦はかつてバンタム級で10度の防衛を果たした偉大なる王者の長谷川穂積と肩を並べられる試合となります。

ここまでの防衛を果たしてきた山中慎介。
上を見てみるという意味でもこれまでの歴代の王者の防衛数を表にまとめてみました。

過去に10度以上防衛してきた王者たち。


ここではWBA、WBC、IBF、WBOから10度の防衛を果たしてきた王者たちを階級まるごとでランキング形式にしてみました。

順位選手名国籍タイトル階級防衛数
1位ジョー・ルイスアメリカ合衆国プロボクシングヘビー級25
2位ダリウス・ミハエルゾウスキーポーランドWBOライトヘビー級23
2位スベン・オットケドイツIBFスーパーミドル級21
ジョー・カルザゲウェールズWBOスーパーミドル級21
リカルド・ロペスメキシコWBCストロー級21
6位バーナード・ホプキンスアメリカ合衆国IBFミドル級20
6位カオサイ・ギャラクシータイWBAスーパーフライ級19
エウセビオ・ペドロサパナマWBAフェザーライト級19
ラタナポン・ソーウォラピンタイIBFミニマム19
10位ウラジミール・クリチコ ウクライナIBFヘビー級18
11位柳明佑韓国WBAライトフライ級17
アルツール・グレゴリアンウズベキスタンWBOライト級17
ポンサクレック・ウォンジョンカムタイWBCフライ級17
ウイルフレド・ゴメスプエルトリコWBCスーパーバンタム級17
15位オルランド・カニザレスアメリカ合衆国IBFバンタム級16
オマール・ナルバエスアルゼンチンWBOフライ級16
ラリー・ホームズアメリカ合衆国WBC16
18位フェリックス・トリニダードプエルトリコIBFウェルター級15
ナジーム・ハメドイギリスWBOフェザー級15
張正九韓国WBCライトフライ級15
21位カルロス・モンソンアルゼンチンWBAミドル級14
クリス・ユーバンクイギリスWBOスーパーミドル級14
ミゲル・カントメキシコWBCフライ級14
ウィラポン・ナコンルアンプロモーションタイWBCバンタム級14
ボブ・フォスターアメリカ合衆国WBCライトヘビー級14
26位具志堅用高日本WBAライトフライ級13
ブヤニ・ブング南アフリカ共和国IBFスーパーバンタム級13
ジョニー・タピアアメリカ合衆国WBOバンタム級13
ジョニー・ネルソンイギリスWBOクルーザー級13
マルコ・フックドイツWBOクルーザー級13
ウラジミール・クリチコウクライナWBOヘビー級13
32位ブライアン・ミッチェル南アフリカ共和国WBAスーパーフェザーライト級12
ロベルト・デュランパナマWBAライト級12
トム・ジョンソンアメリカ合衆国IBFフェザー級12
マービン・ハグラーアメリカ合衆国WBCミドル級12
36位クリス・ジョンインドネシアWBAフェザーライト級11
ホセ・クエバスメキシコWBAウェルター級11
マービン・ハグラーアメリカ合衆国WBAミドル級11
ジャンフランコ・ロッシイタリアIBFスーパーウェルター級11
イヴァン・カルデロンプエルトリコWBOミニマム級11
オマール・ナルバエスアルゼンチンWBOバンタム級11
アセリノ・フレイタスブラジルWBOライト級11
ゾルト・エルデイハンガリーWBOライトヘビー級11
ルイス・エスターダエクアドルWBCライトフライ級11
45位サムエル・セラノプエルトリコWBAスーパーフェザーライト級10
アントニオ・セルバンテスコロンビアWBAスーパーライト級10
フリオ・セサール・バスケスアルゼンチンWBAスーパーウェルター級10
ゲンナジー・ゴロフキンカザフスタンWBAミドル級10
ビクトール・ガリンデスアルゼンチンWBAライトヘビー級10
マイケル・スピンクスアメリカ合衆国WBAライトヘビー級10
ヴァージル・ヒルアメリカ合衆国WBAライトヘビー級10
モハメド・アリアメリカ合衆国WBA,WBCヘビー級10
アルツール・アブラハムドイツIBFミドル級10
ルシアン・ブーテルーマニアIBFスーパーミドル級10
ヘンリー・マスケドイツIBFライトヘビー級10
サマン・ソーチャトロンタイWBCライトフライ級10
エドガル・ソーサメキシコWBCライトフライ級10
長谷川穂積日本WBCバンタム級10
アルフレド・エスカレラプエルトリコWBCスーパーフェザー級10
アズマー・ネルソンガーナWBCスーパーフェザー級10
ミゲル・アンヘル・ゴンザレスメキシコWBCライト級10
フリオ・セサール・チャベスメキシコWBCスーパーライト級10
テリー・ノリスアメリカ合衆国WBCスーパーウェルター級10
(表は2015年9月23日までのもの。)

と以上がこれまで10度以上防衛してきた王者たちとなります。

山中慎介の9度防衛は偉大!この記録がどこまで伸びるのか。

もちろん防衛数だけに必要以上に意識することはないと思いますが、ぜひぜひ昨日のような手汗にぎる山中慎介の試合をまだまだ見てみたいと湖南市民としては思うのです。

ではでは。